インタビュー

HOME  >  インタビュー  >  営業第2部

少数精鋭で自分自身が必要とされる環境のなか、人として社会人として、日々成長を感じる。

面接のときから人を大事にする真摯な姿勢を感じた

当社の面接では、他社とは違いたくさんの質問をされこちらの話を真摯に聞こうとしてくれました。私のことばかり聞かれたので「落ちたかな」と思ったくらいでした(笑)。けれども、これは私をひとりの人間として知ろうとしてくれていたのかなと思っています。実際に入社をしてからも、研修制度や福利厚生が充実しており社員一人ひとりを大事にしているのがよくわかりました。また、拠点が都内に1ヶ所のみで結婚や出産といったライフイベントを経ても仕事を続けられるというところも入社の決め手になりました。

説明会で聞いた通り、仕事熱心な社員が多く、オン・オフがしっかりとしているので平日にも自分の時間を作ることができるのも魅力です。私は学生時代ラクロス部に所属していたくらいスポーツが好きなので、仕事の後はジムで体を動かしてリフレッシュしています。社員は皆、真面目なだけでなく、プライベートも充実した個性豊かな人がたくさんいます。

入社当初はゼロからのスタートでも今は教える側に

金融のゼミに入っていたものの、再保険という言葉すら知りませんでした。入社してから勉強を始め、日本で唯一の総合再保険専門会社としてすごい仕事をしているのだなと改めて実感しました。現在、私は元受会社から受領する勘定書の処理などの営業サポートをしています。30社ほどを担当し、勘定書の内容と契約情報の整合が取れているか、数字が間違っていないかなどを確認し、不備がある場合は自分で元受会社に問い合わせをします。

会社によって書類のフォームから契約内容、ボリュームまですべて異なるので慣れるまでは大変でしたが、今では教える側になりました。これまでの経験から書類の不備に気付くことができたり、契約内容の過去の経緯を説明することができたりしたときに少しずつですが自分の成長を感じています。少数精鋭で一人ひとりが明確な役割を持ち、自分自身が必要とされる環境で働けるのは大きなモチベーションにつながっています。

さまざまな角度から“トーア再保険”という会社を見てみたい

私の所属するチームは、当社の中で唯一、損保分野と生保分野の両方を扱っています。このため、知識も二倍必要になりますが、それぞれのマニュアルを読みこみ、わからないことは人に聞く前にできるだけ自分で答えを見つけるようにしています。

今後は、何を聞かれてもすぐに答えられるような頼られる存在となり、今の仕事を極めていきたいです。そして、将来的には他部署に異動し、さまざまな角度から再保険や当社の事業を見ることで、さらに知識を深めていきたいと思っています。

学生の皆さんへメッセージ

「再保険」と聞いてもあまり馴染みのない分野で、少しハードルが高いように感じてしまうかと思います。けれども、当社には各種研修制度やOJTがきちんと用意されています。また、少人数の会社だからこそ、一人ひとりを大切に育ててくれ、若手社員にも活躍の場を与えてくれる環境があります。向上心、そして日々の努力があれば、着実に成長することができる会社だと思います。

インタビュー

PAGE TOP